レビュー

Posted on 2015年12月27日

世界初のコンシューマ向けVRヘッドセット Gear VRで一足早くVRの世界を体験してみた

今年は何かとVRヘッドセットが話題になりましたが、来年はいよいよOculus RiftやHTC Vive、Playstation VRなどが発売開始されます。

そんなVRヘッドセット商戦にあって、一足早く日本でも発売開始されたコンシューマー向けVRヘッドセット SamsungのGear VRを購入してみました。

他のVRヘッドセットとはちがい、これ単品では何もできません。内部にスマートフォンをセットし利用します。イメージ的にはちょっと豪華なGoogleのダンボール製VRヘッドセット Cardboardという感じです。ただし、対応するスマートフォンはGalaxy S6、S6 edge、Note 5、S6 edge+の4機種のみとなっているので注意してください。

そんなわけで、今回はこのGear VRのフォトレビューをお届けします。


外観

まずは同封物。

とてもシンプルで本体のほか、頭部に固定するベルトと取説があるだけです。関係ないけど、本体に貼ってあった保護シートがとてもはがしにくかったです。



本体。前面にカバーを付けた状態ですが、このカバーは動作には何の影響もありません。なんならつけなくても大丈夫です。



そのカバーを外したところ。ここにスマートフォンを装着します。



裏側。ふわふわのクッションが付いているので、顔へのあたりは優しいですね。本来は眼鏡を外して装着するものですが、意外とスペースに余裕があるので眼鏡のままでも大丈夫でした。



このmicroUSB端子にスマートフォンを装着します。AとBというポジションがありますが、Note 5とS6 edge+はA側、S6とS6 edgeはB側にスライドして使います。



正面向かって左側面。装着時に右手で操作するほうにタッチパッドとボリューム、戻るボタンがあります。タッチパッドはかなり感度がよく、これを使ってスワイプなどの動作で装着中のスマートフォンを操作します。



上面にピント合わせ用のダイヤルがあります。私の視力は裸眼で0.01程度ですが、ギリギリピントが合いました。たいていの人は問題なくピントが合わせられると思います。


初期設定とアプリ

スマートフォンを装着するとまず初めにGear VRに必要なアプリのインストールが始まります。その際はいったんGear VRからスマートフォンを外してインストールを継続してください。また、Gear VRで利用できるアプリやゲームなどのコンテンツをダウンロード、購入するためにOculusのアカウントを作成する必要があります。すでにアカウントを持っていればそれでログインも可能です。



インストールが終わると最初にチュートリアルが表示されます。タッチパッドの使い方や、視線を合わせての操作の仕方など、ここれGear VRの操作について一通り学ぶことができます。



チュートリアルが終わってからが本番です。やっとGear VRが使えます。

まず、ホーム画面は下記のような感じです。この画面でも360度すべての方向を見ることができます。



このとき表示されているコンテンツは、スマートフォン側にインストールされたOculusのストアアプリの内容です。無料の動画なども多くありますが、とりあえずのお勧めはUnity-Chan!でしょうか。展示会などでOculusのデモで使われていたりしたのですでに目にしているという人も多そうですけど。

なお、Gear VR自体にはイヤホンの類がないため、別途有線のイヤホンあるいはBluetoothイヤホンなどを使わないと音が周りの人にダダ漏れになるので注意しましょう。


まとめ

使用感については、残念ながら言葉では伝えるのが難しく、こればっかりは実際には使ってみないとわからないと思います。秋葉原のヨドバシカメラなどのSamsungのショップでは展示されているので、気になる方は実際に体験してみてください。

アプリについてはまだまだ少なくこれからという気がしますが、自分で撮影した動画は映画館にいるような雰囲気で視聴することができます。Nasneなどで録画した番組がこれで見られるといいのですが、いまはダメみたいですね。いずれは対応してくれるかな?

==この記事を書いたライター==
・ライター名 : 山本竜也
・ライターツイッター:@dreamseed
・ライターブログ:Dream Seed(http://www.dream-seed.com/weblog)
・ライターから一言:パソコンやスマートフォン、その他ガジェット全般が大好きな3児の父親です。いつか専業主夫になる日を夢見て日々ブログを書いています。

Copyright © 2015 Mobile Times All Rights Reserved.