SIMカード

Posted on 2015年09月02日

SIMフリー端末を使うなら知っておきたいAPN情報の設定方法

APNまとめ
昨年後半から日本国内でも注目され始めたMVNO(俗にいう格安SIM)とSIMフリー端末。今現在では多くの企業がMVNOとして通信サービスを提供するようになり、NTTドコモやKDDI、ソフトバンクといった携帯キャリアから回線と端末をセットで購入するという従来の方法とは別に、回線と端末をそれぞれ個別に購入するといったこともよりやりやすくなってきました。

しかしそれぞれを自分で購入した場合、これまで各キャリアが行なってくれていた初期設定は基本的に自分でやる必要がでてきます。そこで今回はSIMカードと端末を個別に購入した際にまず行うAPN設定の手順をiOS、Android、Windows Phoneの3OSそれぞれでご紹介します。

目次

APNとは?
iOSでのAPN設定手順
AndroidでのAPN設定手順
Windows PhoneでのAPN設定手順
まとめ

APNとは?

APNとはAccess Point Name(アクセスポイント名)の略称です。
SIMカードを挿したスマホやタブレットでデータ通信を行う場合は携帯電話ネットワークに接続しますが、この接続先を示す名称がこのAPNとなります。
各社のネットワークには当然ながら登録しているユーザーしか利用できないように設定がされており、またAPN情報は契約している会社毎に異なります。そのため、初めてSIMカードを挿す場合、あるいは別のものに挿し換えて使用する場合はAPN設定を行わないとデータ通信を行うことが出来ません。

iOSでのAPN設定手順

iPhoneやiPadなど、iOSが搭載された端末ではAPN構成プロファイルと呼ばれるAPN設定を簡単に行うためのファイルをダウンロード・インストールする方法が一般的です。そのため設定時にはWi-Fiに接続するなど、別にインターネットに接続できる環境を用意しておく必要があります。

APN構成プロファイルは各社のホームページなどでダウンロードすることができるようになっており、今回はIIJmioのAPNをOSのバージョンがiOS8.4.1のiPhoneにIIJmioのAPNを設定する流れで説明していきます。なおOSのバージョンや契約している会社が異なる場合でも基本的な手順は同じです。



まずはじめに設定する端末にSIMカードを挿し、Wi-Fiなどを利用してインターネットに接続します。続いてインターネットブラウザを起動してAPN構成情報のダウンロードページへアクセスします。
APNまとめ。iphone編1。


構成プロファイルのダウンロード を選択します。
APNまとめ。iPhone編2。


APN構成プロファイルのインストール画面が表示されますので、右上のインストールを選択します。
APNまとめ。iPhone編3。


パスコードを設定している場合はパスコードを入力します。
APNまとめ。iPhone編4。


右上の次へを選択します。
APNまとめ。iPhone編5。


右上のインストールを選択します。
APNまとめ。iPhone編6。


画面下に表示されるインストールを選択します。
APNまとめ。iPhone編7。


インストール完了と表示されれば、APNの設定は完了です。
APNまとめ。iPhone編8。


アプリ一覧に戻ったら設定を開きます。
APNまとめ。iPhone編9。


上のほうにあるモバイルデータ通信を選択します。
APNまとめ。iPhone編10。


一番上にあるモバイルデータ通信がONになっていることを確認したら、データ通信が行えます。
APNまとめ。iPhone編11。

AndroidでのAPN設定手順

OSにAndroidが搭載された端末ではAPNに関する情報をひと項目ずつ手入力していく方法が一般的です。この場合も入力するAPN情報は各社のホームページ(あるいは回線契約時に届く書類)に記載されていますので、まずはそれを手元に準備してください。
ここではOSバージョンがAndroid 5.0.2の端末にIIJmioのAPNを設定する流れで説明していきます。


SIMカードを挿したら設定画面を開きます。
APNまとめ。Android編1。


無線とネットワークのグループ内にあるもっと見る(あるいはその他)を選択します。
APNまとめ。Android編2。


モバイルネットワークを選択します。
APNまとめ。Android編3。


アクセスポイント名を選択します。
APNまとめ。Android編4。


既に登録してあるAPN情報はここに一覧で表示されます。今回は新規で追加しますので画面右上のプラスマークを選択(プラスマークが表示されていない場合はその横のメニューボタンを選択するとAPNの新規追加の項目があると思います)。
APNまとめ。Android編5。


ここの画面にAPN情報を入力していきます。入力できる項目数は多いですが、入力する内容は基本的に各社が記載している情報だけで構いません。
APNまとめ。Android編6。


必要な情報が入力できたら画面右上のメニューボタンを選択します。
APNまとめ。Android編7。


保存を選択すればAPN情報の登録が完了します。
APNまとめ。Android編8。


すると先ほどの登録したAPN一覧の画面に戻ります。あとは使用するAPNを選択(名前の横にある◯にチェックを入れる)すればデータ通信が行なえます。
APNまとめ。Android編9。

Windows PhoneでのAPN設定手順

今年国内では4年ぶりにWindows PhoneがOSに据えられたスマホ(マウスコンピューターのMADOSMA)も発売されていますので、Windows PhoneでのAPN設定方法にも触れておきます。
Windows Phoneの場合も基本的な設定方法はAndroidと同じで、各情報を手入力するのが一般的です。ここではOSバージョンがWindows Phone 8.1の端末を用いて紹介していきます。


SIMカードを挿したらアプリ一覧より設定を開きます。
APNまとめ。WindowsPhone編1。


携帯ネットワーク+SIMの項目を選択します。
APNまとめ。WindowsPhone編2。


SIM設定を選択します。
APNまとめ。WindowsPhone編3。


手動インターネットAPNの項目をONにします。
APNまとめ。WindowsPhone編4。


するとAPN情報の入力画面に切り替わりますので、ここに必要な情報を入力していきます。
APNまとめ。WindowsPhone編5。


すべて入力し終えたら、画面下にある保存を選択します。
APNまとめ。WindowsPhone編6。


最後に任意でSIM名を変更すればAPN設定は完了です。
APNまとめ。WindowsPhone編7。

まとめ

今回はiOS、Android、Windows Phoneの3OSでのAPN設定方法を紹介しました。
最後に共通するポイントをおさらいしておきます。

・スマホやタブレットを携帯電話のネットワークに接続するにはAPNの設定が必要。
・APNの設定に必要な情報は回線提供元の会社のホームページや契約時書類に記載されている。
・iPhoneはAPN設定用のファイルをインストールするためにWi-Fiなどに接続できる環境が必要。
・設定する際には、設定する端末に事前にSIMカードを挿しておくこと。

なんとなくの流れがわかっていればOSの異なるものに機種変更した際などもそれほど困ることはありません。自分でやってみるとそれほど手間がかかるものではないということが分かりますので、ぜひ参考にしてみてください。

Copyright © 2015 Mobile Times All Rights Reserved.